情報誌の罠に注意しよう

"賃貸選びを決して難しく考える必要はありません。良心的な不動産屋で納得のいくまで話を聞いてみましょう。
不動産屋の中には悪徳業者も存在していますので、不動産屋選びにも注意をするようにしてください。広告雑誌で最も注意をしておかなければいけないこととしましては、発売されるまで約2週間程度のブランクがあるということです。
その為問い合わせをしたとしても、すでに決まってしまっているケースが多くつまり情報が古いということになります。

 

賃貸住宅情報誌に掲載されているものを基準として考え、家賃相場を予測してはいけません。
あまりにも相場の違いにガッカリ、なんてことになるのでお気をつけ下さい。
広告雑誌におきましては誌面が限られているということで、どうしても偏ってしまっている情報が掲載されます。
つまり良い部分だけを掲載していることになりますので、店舗へ足を運んでもらうための餌とも言えるのです。"

一条工務店の紹介
http://www.ichijo-h.co.jp
一条工務店の専門



情報誌の罠に注意しようブログ:2019-11-04

あたしがまだ小学校二年生の時、
普段無口なパパが珍しく
あたしを花火大会に連れて行ってくれました。

それまで、
パパと二人だけで出掛けた事はなかったと思います。

たち並ぶ夜店にあたしの視線は奪われっぱなし…

もし一緒にいたのがパパでなかったら
「あれがほしいこれがほしい」と、
店の前で地団駄を踏んでいたはずです。

でもパパの前ではなぜか
それが出来ませんでした。

しかし、グッと堪えていたあたしの足を
ピタリと引き止める物に出会ってしまったのです。

それは、
赤や青 黄色に緑…と着色されたヒヨコでした。

目を輝かせ一心不乱に見つめていた
あたしの心の声が聞こえたかのように、
パパはニッコリ笑って言いました。
「何色が良い?」
あたしは緑のヒヨコを買ってもらいました。

あたしは一生懸命ヒヨコの世話をしました。
ヒヨコは大きくなるにつれて色はなくなり、
普通の鶏になりました。

それでも飽きることなく
あたしは世話を続けました。

そしてある8時、
あたしが鶏小屋に行ってみると、
小屋の隅に真っ白な卵がありました。
嬉しくなったあたしは卵を手にみんなに見せて回りました。

「お前が頑張って世話をしたから産んだんよ」
そう言って、祖母が卵かけごはんを作ってくれました。

それまで食べていた卵かけごはんに比べると、
甘味があって、最高に美味しく感じたのを覚えてます!

数年後、
祖母が亡くなって10日ほどが過ぎた夕飯のときでした。

卵をたった一つしか産まないまま、
近所の養鶏所に引き取られて行った…
あの緑のヒヨコの話しになりました。

パパは言いました。
「夜店に売ってるヒヨコは全部オスだから卵を生むはずがない」
あたしは驚きました!

あの日の卵は
一生懸命に鶏の世話をし続けたあたしを悲しませまいと、
祖母がこっそり置いてくれたものだったのです。 


このページの先頭へ戻る