敷金と礼金について知っておこう

"賃貸を探す時にコンビニや本屋で賃貸情報誌をまずチェックされる人も多いかと思います。
ここで気を付けなければいけないのが、そのような情報誌に掲載されている賃貸はすでに埋まってしまっている可能性が高いということです。退去時の敷引きの取り扱いにつきましては、比較的トラブルになりやすい傾向があることから、国土交通省から「ガイドライン」が決められています。
原状回復としてどこまでが敷金の対象範囲なのかを一度確認しておくと良いかもしれませんね。

 

敷金というのは家賃の保証になるたことから、大家さんもしくは管理会社に一時的に預けておく保証金です。
最終的には戻ってくるお金であり、家賃の滞納分に使用されたり、部屋の修復費に使用されます。
礼金というのは大家さんに部屋を貸してもらうための「お礼の意味」として渡すお金となっているので、解約後も返金はされません。
最近では礼金をゼロ円設定にしている物件も多く、中には敷金もゼロのゼロゼロ物件も目立ってきています。"



敷金と礼金について知っておこうブログ:2020-01-23

現在いろいろな減量方法が
メディアなどで紹介されていますが、
どの方法も気になるのは
リバウンドではないでしょうか。

減量を始めると
多少なりとも、経験するのがリバウンドです。

リバウンドとは
せっかく頑張って減量して減少した体重が、
短期間で元に戻ってしまったり、
最悪以前よりも体重が増加してしまうことです。

リバウンドの怖いところは…
減量とリバウンドを何度も繰り返していると、
どんどん太りやすく痩せにくいからだになってしまうという点です。

減量を成功させる為には、
リバウンドを起こさないようにすること。
そして
リバウンドの少ない
減量方法を選ぶことが大切になります。

ではどういった
減量方法が理想的なのでしょうか?

理想的な減量は
筋肉を落とさず、からだに溜まった脂肪を除去する方法です。

自己流で安易に減量すると
脂肪よりも筋肉を減少させてしまい、
リバウンドを起こしすい状態になるので注意しましょう。

筋肉を落とさないで脂肪を落とす為には
日々繰り返し運動を行って、
基礎代謝をあげるようにします。

運動の種類は、激しい運動ではなく、
多少汗ばむ程度の軽めの運動が理想です!
無理のない有酸素運動などを
日々続けて行うようにしましょう。

あまり急激にカロリー制限するのは健康によくないので、
間食や夜食を控えるといった程度の
食事制限にとどめておきます。

リバウンド防止のポイントは、
基礎代謝の向上、骨量減少の防止、
そして摂取カロリーの正しい抑制です。

減量とリバウンドの関係を理解し、
無理のない減量を行っていきましょう。


このページの先頭へ戻る