部屋探しを始めるタイミング

"不動産屋で紹介される賃貸物件というのは、ほんの一部となり、掘り出し物の物件はまた別に存在しています。
そのようなお得で便利な賃貸物件を見つけるためには現地の不動産屋へ行くのが一番手っ取り早いのです。もし気になる物件と出会った時には、ほとんどの物件は、契約までの期間というのは約1週間ほど必要となります。
借りられず悔しい思いをしないためにもしっかりと初期費用の確保をしておくようにしましょう。

 

部屋探しの時期や開始するタイミングというのは、資金の準備が完了して、いつ引越をしても問題の無い時となります。
最低でも初期費用分の準備が出来ていない状態での物件探しは意味がないのです。
一般的な考え方としましては、入居希望日の二週間前から不動産屋で物件探しを始めるとされています。
これはあくまでも参考期間であり、特に根拠はありませんが参考にしてみてはいかがでしょうか?"



部屋探しを始めるタイミングブログ:2019-11-14

4年前のある日、友人のひとりが、
「ねぇ、ミッチー(及川光博)のコンサートに一緒に行ってくれない?」と
猫なで声で誘ってきました。

当時、ぼくの彼に対する印象といえば、
「歯の浮くようなセリフを真顔で言える日本で珍しい人」くらいで、
好きでも嫌いでもない存在でした。

しかも、彼が歌を歌っていたともよく知らず、
「行ったら後悔しそう」と渋っていたのです。

二時間や3時間もの間、
受け入れがたい音の中に身を置くのは耐えられない!と思ったのです。

しかしその友人が、
「ぼくも去年まで同じだった、でも、行ったら一瞬で変わったの!」と
何回も繰り返すので、
「じゃあ、ライプの後で日本酒おごれよ」と脅しつつ、
会場へ向かったのでした。

会場に着くと、
こんなにミッチーのファンが存在したのか!というくらい、
うようよとうごめいていて、何だかまた不安な気持ち…

かなりコアなファンらしき人たちの服装もちょっと怖い…

この時点でぼくは引き返したい気分。
日本酒なんかおごってもらわなくていいから、断れば良かった!と思いつつ、
しぶしぶ座席へ…

友人は「ミッチー、素敵よ」と熱に浮かされている様子。
おかしい、ぼくはこの場で絶対に浮く、浮きまくる、と確信しました。
そうこうしているうちに照明がダウンして…

さて、約3時間後…
モノの見事に一瞬で変わったぼくは、
超ご満悦で日本酒を飲みながら、
今体験した素晴らしいミッチーワールドを
収まらない興奮とともに回顧したのでした。

完全に魔法にかかったぼくは、
究極のストレス解消法を見出したと思います。


このページの先頭へ戻る