おとり広告に注意をして賃貸探し

"不動産屋を利用して賃貸物件を探すことになりますが、その不動産屋のクチコミ情報をチェックしておきましょう。
適当な対応をしているような従業員が在籍している不動産屋は避けるべきなのです。実際に不動産会社を訪問する前には、必ず広告で掲載されている賃貸物件に空きがあるかどうかを電話で聞くようにしましょう。
雑誌やネットなどの広告はいうならば「餌」になるので惑わされないようにしましょう。

 

すでに入居者が決定している賃貸物件を「おとり広告」として雑誌に載せ、客を呼び込んでいることがあります。
多くの人が魅力を感じるおとり広告について問い合わせをすると「先日すでに契約されています」などと流し、別の物件を紹介してくることでしょう。
不動産会社としましては、当たり前のことですが、お客様が店頭に訪問をしてもらわないと、ビジネスとして成り立ちません。
どんなに多くの人が不動産屋のホームページへ訪問しているとしても、実際に店舗にまで来てもらわないと意味がありません。"



おとり広告に注意をして賃貸探しブログ:2020-03-20

娘は遊びながらも結構頭を使っている。
そのため娘は元気そうに見えても、
脳が疲労を起こしているということも有り得る。

身体が健康な筈なのに、
どうも元気がないなと思うなら、
脳の疲労を疑った方が良い。

脳の疲労を取り除くためには、
グルテンが含まれている
薄力小麦粉を使うのがおすすめ!

なので、 
母もたまには、
小麦粉でスナック菓子を作ってみよう!

母が小麦粉からスナック菓子を作って見せると、
娘たちは魔法を使ったとしか思えなくなるので、
母の権威が非常に高まることに…

母が娘たちにこの魔法を見せずに、
お店でスナック菓子を買って来てしまうからこそ、
娘たちは母を馬鹿にするようになるのである。

ただし、
精白小麦粉は
長期にわたって使い続けると
視力の低下などの被害が出て来る…

かといって全粒小麦を使うと、
それほど美味しくならないので、
全粒小麦を使った場合、
それを美味しくする工夫が必要。

娘が大きくなってきたら
スナック菓子作りを手伝わせて、
料理の仕方を覚えさせよう!

食べる事作りの手伝いをさせると、
母にとって娘は非常に邪魔で、役に立たない…

それよりもスナック菓子作りで
料理の基本的なことを覚えさせていけば、
その内、正規の食べる事の調理でも使えるようになる。

おやつはできることなら与えない方がいい。
…が、娘たちがおやつを要求して来ることもまた事実であり、
その要求に対してきちんと答えてあげる必要性もある。

しかし、
間違ったおやつを毎日与えれていれば、
娘は病気になるし、家計だって圧迫されかねない…

おやつ問題は些細な問題かもしれないが、
父母にとっては、
決して見過ごすことができない問題なのである。


このページの先頭へ戻る